AI で図面と見積を管理する / 見積依頼・回答をもっと簡単に

見積もり依頼時の図面の送信から、
相見積もりの比較まで、面倒ごとを解消

過去図面・見積もりを参考に
見積もりのスピードアップと精度向上



こんなことで困っていませんか?


  • どこに見積もり依頼すれば・・・
  • このサプライヤー(協力会社)、Fax?メール?
  • 相見積、依頼も比較も面倒
  • この見積金額は妥当?
  • Faxで図面が届くから不鮮明
  • Faxだったり、メールだったり、提供方法がバラバラ
  • 図面の保管が面倒だ
  • 過去の図面・見積もりが探せない
    (似たものを探したい)


面倒を解決します!


サプライヤー(協力会社)に
本サービスを利用してもらうことで・・・

  • 見積依頼が簡単にできます
  • 図面を電子ファイルで送信できます
  • 複数社に同時に見積もり依頼できます
  • 見積結果を比較できます
  • 過去見積もりの比較ができます(オプション使用したとき)

メーカー(発注者)に
本サービスを利用してもらうことで・・・

  • 図面を本システム内で一元管理
  • 電子ファイルなので図面が鮮明
  • 見積回答は画面に入力するだけ
  • 図面・見積がセットで管理
  • 過去の図面が類似検索できる⇒似たものの見積を参考に


今後追加される機能


  • サプライヤー(協力会社)を探す
    ex) こういう加工ができる会社を探したい
  • 部品表登録(製品全体の仕入原価算出に)
  • 顧客の開拓(自社の売り込み)
  • サプライヤー(協力会社)を探す
  • 見積回答のワークフロー(上長決済)

  • 2Dの図面以外に3D CADデータも見積依頼に添付できるようにする(類似検索は、当面、2Dの図面のみだが、3D CADデータでも類似検索できるようにしたい)。
  • 見積依頼~回答の一連のやりとりをブロックチェーン上に保管し、データの信頼性を向上させる。
  • その他 皆さまからの意見を参考に機能追加・機能修正を行います。


動作環境


■お手持ちのPCに、Webブラウザとインターネット回線があれば、簡単に導入できます。

・OS:Windows
・推奨ブラウザ:Google Chrome/Firefox/Microsoft Edge


よくある質問


Q.図面が関係者以外に漏れませんか?   
A.AWS(Amazon Web   Service)の中でセキュア(安全)に管理され、関係者以外の閲覧はできません。   
Q.登録できる図面に上限はありますか?  
A.上限はありませんが、使用しなくなった古い図面などは、適時削除をお願いします。   


お問い合わせ


■サービスの詳細については、下記「お問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。

近日、サービス開始! 早期、申し込み受付中。特典あり!!  販売代理店も募集中!!